プエラリアを飲むだけ|メリハリのあるスタイルになれる

女の人

日本人の食生活と摂取量

肥満

摂取量の低下を補える

オメガ3はDHAやEPA、α-リノレン酸を代表とする不飽和脂肪酸であり、身体にとって必要な必須脂肪酸です。身体を正常に機能できるように作り上げるには欠かせないものですが、もともと日本人の食生活では比較的豊富に摂取できていました。和食にはDHAやEPAを豊富に含む青魚を使用することが多く、生のまま食べられる刺身や寿司もあるからです。また、ほうれん草などのα-リノレン酸を豊富に含む食品もおひたしなどでよく食べられていたことから、オメガ3はあまり不足しない栄養素でした。しかし、食生活の変化によって和食離れが起こり、現代食では摂取量が低下しています。そのため、サプリによって補うことが推奨されているのがオメガ3の特徴です。

摂取量の注意

オメガ3を摂取することによって得られる健康効果が多数知られるようになりました。サプリによってしっかりと摂取することで健康になろうとする人も多くなっていますが、サプリで摂取する際には摂取量に気を払うようにしましょう。身体に良いとはいってもオメガ3はあくまで油であり、過剰に摂取することは必ずしも良い効果を生むわけではありません。サプリでは気軽に摂取できることから健康への意識が高いほど過剰に摂取してしまいがちになります。食事からも摂取できていることを考慮してサプリを使用するように努めましょう。一日の摂取量として厚生労働省からは1000mgが推奨されていることから、食事と合わせて目指す値として覚えておくと安心です。